アクアのグレードの違いや人気ランキング

アクアのグレード徹底比較|おすすめも紹介!

アクアのグレード選びをしよう

アクアはグレード自体は多くはありませんが、それぞれで装備状況が違ったりなどややこしい部分が多いです。

 

アクアの装備の違いがよくわからない…
アクアって一番安いグレードでよくない?
特別仕様車ってどうなの?

 

こんな風に、いろいろな悩みを持っている人がいるでしょう。

 

このサイトでは、アクアのグレードを比較し、おすすめのグレードをご紹介していますので、ぜひご一読ください。

 

まずはじめに、アクアのグレード一覧を確認しましょう。

 

グレード名 車体価格 燃費(JC08モード)
L 1,761,382円 37.0km/リットル
S 1,887,055円 37.0km/リットル
G 2,007,818円 37.0km/リットル
G ブラックソフトレザーセレクション 2,090,291円 37.0km/リットル
X-URBAN(特別仕様車) 2,100,109円 33.8km/リットル

 

↑の表がアクアのグレード一覧ですが、青く表示されている部分が標準グレードになります。最廉価と最上級の価格差はおよそ25万円で、一般的な車種に比べるとかなり価格差が少なくなっています。

 

また、「レザーセレクション」と「X-URBAN(特別仕様車)」という特殊グレードが用意されており、標準グレードよりも10万円ほど高くなっている点も押さえておきましょう。

 

アクアの標準グレードの違いについて

それでは、まずアクアの標準グレードについて比較していきましょう。

 

カラーバリエーション

 

アクアの標準グレードで一番大きな違いが「カラーバリエーション」です。

 

L(最廉価)のカラーバリエーション

S・Gのカラーバリエーション

↑の表を見てもわかる通り、最廉価のLはカラーバリエーションがとても貧弱です。4色中3色がモノクロ調となっており、かなり地味です。

 

アクアというと、町中でカラフルなボディカラーのをよく見かけますが、最廉価の場合鮮やかなアクアにのるといった楽しみ方ができないというというわけです。ボディカラーも楽しみたい、という場合は最廉価のLは避けたほうがいいでしょう。

 

装備の違い

次に、アクアの標準グレードの装備の差を見ていきます。いろいろとグレードごとに違う部分はありますが、その中でも重要な装備格差が以下です。

 

 
フロントシート 4ウェイ 6ウェイ 6ウェイ
可倒式リヤシート 一体 6:4 6:4

 

一見地味な違いに見えますが、実はかなり快適性に差が出てきます。

 

まずフロントシートですが、最廉価Lは4ウェイ、S以上が6ウェイとなっています。4ウェイというのはつまりシートが前後左右の4方向に動くということで、実は上下の動きがないのです。したがって、背丈の違う人が乗った場合に座席の調整が難しく、危険性が増してしまうというリスクがあるのです。

 

6ウェイであれば上下にも動くので、運転席の調整もかんたんです。

 

次に可倒式リヤシートについてですが、こちらはリヤシート(後部座席)がどのように倒れるかということを示しています。「一体」の場合は後部座席がまとめて倒れるということなので、大きな荷物を積む場合は後部座席が全部倒れてしまい、フロントシートのみとなるため2人しか乗れません。

 

一方、6:4可倒式の場合は、後部座席を左右別々に倒すことができます。したがって、長いものを積み込む場合でも、リヤシートの左右どちらかには人が乗ることができます。

 

他の装備の違いはステアリングやフロントグリル、インパネの加飾やシート素材の差といった、直接運転とは関係ない部分が多くなるので、好みで選択すればOKです。

 

安全機能の差について

車種によってはグレードによって安全機能に格差がついている場合がありますが、アクアの場合はそれほど大きな格差はありません。

 

唯一差があるとすれば「Toyota Safety Sence C」の部分です。Toyota Safety Sence Cは追突防止の「プリクラッシュセーフティシステム」や車線逸脱防止の「レーンディパーチャーアラート」などが搭載された安全機能パッケージです。このToyota Safety Sence Cの装備状況は以下の通りです。

 

L S G
メーカーオプション(54,000円) メーカーオプション(54,000円) 標準装備

 

最上級グレード「G」であれば、Toyota Safety Sence Cは標準装備となりますが、その他のグレードでもメーカーオプションでの追加が可能です。SとGの差額は12万円あるので、「Gほど豪華じゃなくてもいいが、Toyota Safety Sence Cは欲しい」という場合は、SにメーカーオプションでToyota Safety Sence Cを追加すればよいでしょう。

 

アクアのおすすめグレードは?

 

まず最廉価のLですが、カラーバリエーションが弱く、フロントシート・リアシートの快適性も低いのでおすすめできません。はじめに選択肢から消してよいでしょう。

 

おすすめグレードとしては「S」となります。SとGの装備の差は加飾部分がメインなので、見た目にそれほどこだわらないならSでよいでしょう。Toyota Safety Sence Cが欲しい場合は、個別にメーカーオプションで追加しましょう。

 

ただ、Gも差額はそれほどありませんので、プレミアム感が欲しいなら選んでも問題ありません。

 

特殊グレードについて

アクアには「G ブラックソフトレザーセレクション」と「X-URBAN」という2つの特殊グレードがあります。

 

まずG ブラックソフトレザーセレクションですが、これはGにブラックソフトレザーの加飾を追加したグレードとなります。運転性能とは一切関係ないので、9万円の価格アップが許容できない限りは選ばなくてもよいでしょう。

 

次にX-URBANですが、こちらはフロントグリルにフロントバンパースポイラーなどのエアロ装備が追加されたモデルとなります。価格としてはアクアの全グレードでもっとも高く、燃費性能も落ちてしまうので、よほどデザインが気に入った場合以外はナシでいいでしょう。

 

アクアを格安購入するためのテクニック

アクアのどのグレードが欲しいかは決まった、しかしお金が全然足らないな…

 

というジレンマに陥っている方もいると思います。ということでそのような悩みを解決するためのアクア格安購入テクニックをご紹介します。

 

アクアの格安購入テクニック01

 

アクア以外全ての車種にも共通していえることですが、新車を安く購入する為の基本はディーラーでの値引き交渉です。

 

ですがこの商談が曲者で、よほどの商談経験がない限り上手く値引きが行くことは少ないでしょう。そうなると商談に使った時間は無駄になってしまいます。商談がうまくいかなければ、値引き額がたったの5万円ということになることはそう珍しいことではありません。

 

アクアならば、トヨタの異資本ディーラー競合や、ライバル車競合といった独自テクニックを生かした交渉が有効になってきます。

 

アクアの格安購入テクニック02

 

しかしながら、値引き交渉なんてやったこともないし、ちょっと調べたところで付け焼刃で何とかなるのかなあ…とお悩みの方もいるでしょう。

 

ということであれば、新車はあきらめてアクアの新古車や未使用車に目標を切り替えてみてはどうでしょうか?

 

新車じゃなきゃ嫌だよ、結局中古車ってことだし、品質も悪そうだし… と考えてしまうのは間違いです。

 

走行距離

新古車の走行距離は大体1~10キロ程度になります。やっぱり少しは走ってるんじゃないか! と思われるかもしれませんが、実は新車も走っているということであれば同じなのです。どういうことかというと、車は完成までに様々な試験が行われますが、最終試験で実際に数キロの走行テストを行うのです。というわけで新古車と新車にはあまり状態の違いはないのです。

 

メーカー保証

新車についている3年間のメーカー保証について気になる方もいるでしょう。ですが、新古車にも3年間のメーカー保証を付けることができます。しかも、この料金はディーラー持ちですから、メーカー保証に置いて新古車の方が不利ということはありません。

 

新古車の大きな魅力は、やはり価格の安さです。アクアなら30~50万円引きという大きな値引きを獲得できるのもざらです。新車であればだいたい値引き限界額は20万円くらいですから、比較すれば新古車がいかに安くなるかがわかるでしょう。

 

新古車探しであれば「ズバット車販売」を利用しましょう。

 

 

この図はその中でも一部ですが、備考欄で指定しておけば「未使用車」「予算は〇万円」といったような条件を絞ったアクアの紹介をしてもらうことも可能です。

 

ズバット車販売の公式サイトはこちら
→ http://www.zba.jp/car-hanbai/

 

ズバット車販売であれば、通常であれば閲覧することのできないネット非公開車両情報も手に入ります。とても便利なので一度は使ってみることをおすすめします。

 

愛車の事前相場チェックは大切

アクアを買う前には恐らく、今乗っている愛車は売ることになると思います。その際に多くの人たちがディーラー下取りを利用して愛車の売却を行っています。これはとてももったいない行為なのです。なぜかというと、ディーラー下取りは実際の相場と比べて数十万程度安くなってしまいます。これを知らないでいれば大損してしまうことは間違いないでしょう。

 

なので、ネット一括査定を利用して少しでも高額で買い取りをしてもらえるようにしましょう。一括査定はオークションのような形式になりますから、愛車の査定額がアップすること間違いなしです。

 

↓おすすめの一括査定は「ズバット車買取比較」です。
→ https://www.zba.jp/

 

査定時間も1分間ほどで終わりますから手間もほとんどかかりません。

 

↓その場で大まかな買い取り相場を知ることもできますのでとても便利です。

 

 

下取り価格より30万円以上アップすることも多いです。また、査定しないでいると、ディーラーで提示される下取り価格が安いのか高いのかわからなくて、交渉が不利になります。事前に一度は査定するようにしましょう。

 

ズバット車買取比較の公式サイトはこちらです。
→ https://www.zba.jp/

ホーム RSS購読